ホームご利用ガイドデータ作成ガイド

データ作成ガイド

ファイル形式

  • AI 形式でアップロード
  • ・ ベクターで作成したaiデータ
  • ・ ベクターイメージで鮮明な画質
  • ・ 品質を保証
  • PDF 形式でアップロード
  • ・ 印刷時のトラブルが軽減
  • ・ データの容量も軽量化
  • ・ AI データと同品質で印刷可能
JPGEPSPSDTIFF
  • ステッカージャパンでは、デザインデータのご入稿を AIまたはPDF形式でのアップロードをおすすめしておりますが、
  • JPG / EPS / PSD / TIFF 形式もアップロードしていただけます。 
  • その他ファイル形式でのご入稿をご希望のお客様は、カスタマーセンターまでお問い合わせ下さい。

・ AI / PDF とJPGの違い

Quality Image (AI/PDF)
AI / PDFファイル
Quality Image (AI/PDF)
JPGファイル

作業サイズ


カラーモード

  • ・ カラーモードは必ず印刷用のCMYKモードで作業してください。
  • ・ CMYKは印刷時に、RGBモードはモニター表示等に使われる発色方式です。
CMYK Mode
CMYKモードで印刷
RGB Mode
RGBモードで印刷

画像の解像度

  • ・ 解像度300dpi以上でご入稿ください。
  • ・ ウェブサイト用に作成された画像は、一般的に解像度72dpiほどになります。解像度の低いデータで製作した場合、
  • 絵柄・文字の輪郭がぼやけたり、 ギザギザした粗い仕上がりになります。
300 DPI
解像度300DPI以上
72 DPI
解像度72DPI

文字のアウトライン

  • ・ イラストレーターで作業する際には、必ず文字のアウトライン化を行ってください。
  • ・アウトライン化しないと、デザインしたフォントがほかのフォントに置き換えられて、正しく表示されないことがあります。
Outline Guide
アウトライン化する文字を選択した後、右クリックしてアウトライン化を選択してください。[Ctrl+Shift+O]
Not Outlined
アウトライン化されてない文字
Outlined
アウトライン化された文字

埋め込み

  • ・ 画像データがリンクとして含まれている場合には必ず埋め込みをしてご入稿ください。
  • ・ リンク画像の場合、リンク切れ等のトラブルが起きやすく、再入稿の原因となってしまいます。
Embed Guide
コントロールパネル内の埋め込みを選択してください。

フォントの大きさと線の太さ

  • ・ フォントは4pt以上でのデザイン制作を推奨します。 小さな文字はつぶれて読み取りにくく仕上がる場合があります。
  • ・ 線の太さは0.25pt以上でデザイン制作してください。 細い線や小さなデザインはステッカーに印刷されない場合があります。
font size line weight2
フォントのサイズ4pt / 線の太さ0.25pt 以下
font size line weight1
フォントのサイズ4pt / 線の太さ0.25pt 以上

断裁ズレ

  • ・ 1~2mmほどの断裁ズレに関しましては不具合の対象外となりますので、十分ご考慮いただきデザイン製作をお願います。
Cutting Gap Image
Cutting Gap Image

枠があるデザインの場合 > 中心のズレが目立ちやすくなります。

Cutting Gap Image
Cutting Gap Image

枠がないデザインの場合 > 断裁ズレが生じた場合でも、それほど目立ちません。[推奨]